酵素固定化用担体 トヨナイト

トヨナイト(酵素固定化用担体)は、カオリナイト物質を酸性水熱処理後、造粒焼成し、表面を有機官能基で修飾した多孔質セラミック球状担体で、酵素の固定化力が強く活性発現および長期反応安定性に優れ、医薬や農薬の中間体、化学品等の工業スケールの製造に適しています。

トヨナイトの細孔分布

トヨナイトの物性

平均粒径 155±15μm
見かけ嵩密度 0.68±0.15g/ml
対薬品性 【酸・アルカリ】
pH2~10で使用可能
【有機溶剤】
酵素を失活させない溶剤なら使用可能
耐熱性 120℃の乾熱減菌が可能
トヨナイト

トヨナイト固定化酵素の特徴

1. 酵素が不溶化し、分離回収が容易。 2. セラミックスなので形状変化が少ない。 3. 酵素が離脱・流出しない。 4. 固定化により酵素構造を保護。

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話(FAX)またはお問い合わせフォームより受け付けております。
何でもお気軽にご相談ください。

技術開発課

TEL. 088-834-4851

FAX. 088-833-7702

お問い合わせフォーム