事業紹介 エネルギー事業

メタリックシリコン粉砕品

太陽光を電気エネルギーに変換する際に使用される太陽光パネルの組成単位であるモジュールを製造するために必要な原料がメタリックシリコン粉砕品です。
このモジュールはシリコンウエハーを加工してつくられ、その性能は発電効率に大きく影響します。
そのため、主原料であるメタリックシリコン粉砕品には、10ミクロン単位の粒度管理など厳しい品質基準が要求され、当社は合金鉄の分野で長年培ってきた粉砕技術により様々な顧客ニーズにあった製品提供をしております。
さらに、メタリックシリコン粉砕品は、携帯電話やデジタルカメラ等に無くてはならない半導体(IC)の原料として使われており、将来拡大していく事業です。

メタリックシリコン粉砕品

PAGE TOP

Copyright @ Toyo Denka Kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.