事業紹介 特殊アロイ

コアードワイヤー国内トップシェア

国内納入トップメーカーとして、お客様のニーズにフレキシブルに対応いたします。

各種の添加剤を薄い鋼板等のテープで緊密にかん合被覆し、長尺のワイヤー状とした溶融金属用の添加剤です。製鋼用ワイヤー、鋳鉄用ワイヤー等が開発されており、各種金属の溶湯処理剤として広く使用されています。

コアードワイヤー

コアードワイヤーの種類

用 途 種 類 略 称 充填剤の主要成分
製鋼用 カルシウムシリコンワイヤー カルシリワイヤー Si、Ca
サルファーワイヤー Sワイヤー S
カーボンワイヤー Cワイヤー C
その他特殊ワイヤー Al、Bi、Mg、Siなど
鋳鉄用 球状化ワイヤー Mgワイヤー Si、Mg、Ca、RE
接種ワイヤー   Si、Ba、Sr他
線径:6~16mm
鉄皮厚:0.2~0.4mm
コアードワイヤーの線径・鉄皮厚

コアードワイヤー製造工程

コアードワイヤー製造工程

ワイヤー製鋼法(ワイヤー・インジェクション法)

東洋電化コアードワイヤーは、金属カルシウムやカルシウム合金、その他の添加剤を薄い鋼板で緊密にかん合被覆しワイヤー状とした、製鋼工程の溶鋼処理用に開発された線状の添加剤です。
ワイヤー・インジェクション法は、コアードワイヤーを専用の簡便な供給装置で溶鋼深部に投入添加することにより、添加成分を安定的にかつ高歩留まりに添加できる溶鋼処理技術です。

【詳しくはこちら】

Mgワイヤー法による球状化処理

コアードワイヤーを溶湯深部に投入することにより、安定的にかつ高歩留まりに成分添加する技術です。

Mgワイヤー法は、安定的にダクタイル鋳鉄を製造する溶湯処理方法です。
コアードワイヤーを簡便な専用供給装置(ワイヤーフィーダー)で溶湯深部に投入することにより、安定的にかつ高歩留まりに成分添加できます。
また、溶湯量の変動への対応、目標品質のコントロール、設備の自動化等、フレキシビリティの大きなシステムです。

【詳しくはこちら】

Mgワイヤー法による球状化処理

PAGE TOP

Copyright @ Toyo Denka Kogyo Co.,Ltd. All rights reserved.